お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法 「修行は家庭から」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

修行は家庭から

あの世の意識オープンの中で、最も自分の魂修行に役に立つ条件で、親子、兄弟、夫婦、嫁姑、全部そういう条件を仕組んでくるのです。

この世に出てくると忘れてしまい、姑のいうことは頭へ来る、嫁さんのいうことも頭へ来ると言い合っています。

親と子というものが肉体を提供するまでには、よほどの条件で磨かれるのです。勝手に生まれるのではありません。

父親はこういう欠点があります。女の子を嫁にやる時、一番深刻な顔をしているのは親父です。それは前世で恋人であったことがちゃんと含まれているのです。

しかし、魂は親が産むのではありません。あの世の仕組みで、前世では恋人であったとか、自分の女房であったとか、このことが含まれてあの世の計画が成されるのです。

いくら長生きをしても、いつまで経っても、子離れをしない、親離れをしない、そうすると使い物にならなくなります。親子という条件を名乗っても、過保護にすることは使い物にならないようにする方法なのです。

私たちは、それぞれの魂の修行があって、この世に生まれ出てくるのです。そのことについて、親子だ、夫婦だ、嫁姑だという条件が出てくるのですから、子供でも、小さい時から社会に一本立ちできるように育て方をするのです。

成人して、一本立ちできないでノイローゼになり、毎朝五時頃から待ち構えていて、電話を掛けてくる人がいます。「先生、今日は会社へ行ったらよいでしょうか、悪いでしょうか。」「ありがとうございます。」この反復なのです。

両親が存命の時は財産家ですから、それでも良いのでしょうが、しかし、あの世に還りましたそれでも、「会社がよいでしょうか。」「どこへ勤めた方がよいでしょうか。」と、年中聞いてくるのです。

このような人間を作ってしまうのは、箸の上げ下ろしまで親が干渉するからです。これは慈悲でも愛でもありません。盲愛、偏愛です。

私のような極端なものの考え方は、いけないのかもしれませんが、せめて世の中に使い物になる人間の育て方をして下さい。それには子供の時から、自分の身の回りや掃除という身近な仕事を教えるのです。

一本立ちとは働いて家族を養うことです。男なら家族を養うのです。その財産を配分することは女性の役目なのです。

これは神様の声なのです。人間は、神の使命を果たす上においては、自活能力がなければこの世に出てこないのです。ところが現代の大たちは、親の財産を自分の物と思い込み当てにしているのです。

なぜ人の財産を当てにするのでしょうか。結婚式でも恰好の良いことは、親の七光のバックアップでします。これではいけないのです。これから先、親の財産当てにするような意気地無しでは駄目なのです。

それこそ自己確立のできない証拠です。無料で貰ったものくらい高いものはないのです。それに今度はお釣りを引っ付けて返すことになります。

株や博打やギャンブルで儲けた、こんな金は自分の物にならないのです。生きるために使うことができないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。