抗癌剤の副作用でシビレが出た人は、後に神経痛が出やすい傾向がある症例

抗がん剤の副作用でシビレが出た人ほど、後に神経痛になりやすい傾向があるようです。

当院の症例は少ないですが、お二人とも女性特有の癌でしたが治っています。

抗癌剤の副作用

手術後に抗がん剤を投与され、その際に痛みやしびれが強く出たそうです。

1名は手足の痺れが強く出ましたが、投薬による治療はされませんでした。

もう一名は同じく手足の痺れが強く出て、最初はロキソニンを投与されましたが全く効果がなく、次にリリカを投与され効果が得られたそうです。

処方されたお薬の名称は伺っておりませんが、抗癌剤にはしびれの副作用が多いのは事実です。

このような傾向があることは知っておかれると良いと思います。

抗癌剤を投与された人

このような人は、癌が治っても、治療中でも、自律神経の反射がおかしくなっている人が多いです。

交感神経が過緊張になっています。交感神経の害です。

具体的には、効果が出る治療を行っても真逆の反応が出たりします。よけいに痛みが強くなったりします。

この場合は治療方法を練り直すことになるので、治療期間も余分にかかります。

この傾向は脊椎の手術を行った人も、同様の反応が出る場合か多々あります。

坐骨神経痛

2名とも坐骨神経痛の症状で来院されました。

1名は痛み止め(セレコックス)とシビレのお薬(リリカ)を処方されていて、もう1名はなにも処方はされていません。

1名は解剖運動学に基づく矯正法と高濃度水素水浴で軽快となり、1名は最初に鍼灸治療で痛みが強くなりましたが、高濃度水素水浴を行い良好な結果が得られました。

抗癌剤からのしびれの治療

当院の治療は自律神経の調和を図る治療になります。

通常は整形外科を受診されればリリカやタリージェの処方となりますが、効果の出ない人も多く存在します。

シビレのひどい人は、歩行困難や物を掴めないなどたいへん辛い症状の人もいます。

抗癌剤の副作用による痛みやシビレへの治療(保険外)も行っていますので、ご相談下さい。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。