スティック掃除機が使いやすいと思っているのは健常者の思い込みかも 関節の痛い高齢者の使用実感は違うようです

上肢の関節疾患がある人は、スティック掃除機も善し悪しかあるようです。

患者さんのつぶやき

左肩関節痛で来院中の患者さんです。

当初、上腕二頭筋腱断裂の診断でした。治療を続けて肩の動きも代償性を獲得しまあまあ動くようになってきました。いまだ関節痛が残存し通院を継続されています。

高齢化社会になり、上腕二頭筋腱断裂は頻繁に診ますので、簡便な手術を開発して貰うと高齢者の悩んでいる患者さんが助かります。

掃除機が使いにくい

外国製の有名な掃除機です。

重心が手側(上側)あるので操作の時にグッと重さが来るそうです。言われるまで、使いやすいんだろうと思っていましたが違いました。

イメージです。

患者さんは、昔から有る掃除機のが使いやすいそうです。

イメージです。

高齢者なので使用経歴からかの思い込みかもしれませんが、このような声は時々聞きます。

年齢で使いやすさが違う

メーカー様にも検討して頂きたいですが、全体の重量が軽くても手側に重心があると使いにくい事を知って欲しいです。

どんどん高齢化社会になり、その内、人口の半分が高齢者で占められます。

是非、手や肩や肘が悪くても使いやすい掃除機を作って下さい。

メーカーに届け!

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。