お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が2020年4月3日に、他人と1.8メートルの距離を保てない場所ではマスク(布製可)を付けることを推奨勧告しました

Recommendation Regarding the Use of Cloth Face Coverings | CDC

機械翻訳の品質保証はありませんので、概略として捉えて下さい。

原文

Recommendation Regarding the Use of Cloth Face Coverings, Especially in Areas of Significant Community-Based Transmission

CDC continues to study the spread and effects of the novel coronavirus across the United States.
We now know from recent studies that a significant portion of individuals with coronavirus lack symptoms (“asymptomatic”) and that even those who eventually develop symptoms (“pre-symptomatic”) can transmit the virus to others before showing symptoms.
This means that the virus can spread between people interacting in close proximity—for example, speaking, coughing, or sneezing—even if those people are not exhibiting symptoms.
In light of this new evidence, CDC recommends wearing cloth face coverings in public settings where other social distancing measures are difficult to maintain (e.g., grocery stores and pharmacies) especially in areas of significant community-based transmission.

It is critical to emphasize that maintaining 6-feet social distancing remains important to slowing the spread of the virus.
CDC is additionally advising the use of simple cloth face coverings to slow the spread of the virus and help people who may have the virus and do not know it from transmitting it to others.
Cloth face coverings fashioned from household items or made at home from common materials at low cost can be used as an additional, voluntary public health measure.

The cloth face coverings recommended are not surgical masks or N-95 respirators.
Those are critical supplies that must continue to be reserved for healthcare workers and other medical first responders, as recommended by current CDC guidance.

This recommendation complements and does not replace the President’s Coronavirus Guidelines for America, 30 Days to Slow the Spreadexternal icon, which remains the cornerstone of our national effort to slow the spread of the coronavirus.
CDC will make additional recommendations as the evidence regarding appropriate public health measures continues to develop.

Recent Studies:(最近の研究)
Rothe C, Schunk M, Sothmann P, et al. Transmission of 2019-nCoV Infection from an Asymptomatic Contact in Germany. The New England journal of medicine. 2020;382(10):970-971.

Zou L, Ruan F, Huang M, et al. SARS-CoV-2 Viral Load in Upper Respiratory Specimens of Infected Patients. The New England journal of medicine. 2020;382(12):1177-1179.

Pan X, Chen D, Xia Y, et al. Asymptomatic cases in a family cluster with SARS-CoV-2 infection. The Lancet Infectious diseases. 2020.

Bai Y, Yao L, Wei T, et al. Presumed Asymptomatic Carrier Transmission of COVID-19. Jama. 2020.

Kimball A HK, Arons M, et al. Asymptomatic and Presymptomatic SARS-CoV-2 Infections in Residents of a Long-Term Care Skilled Nursing Facility — King County, Washington, March 2020. MMWR Morbidity and mortality weekly report. 2020; ePub: 27 March 2020.

Wei WE LZ, Chiew CJ, Yong SE, Toh MP, Lee VJ. Presymptomatic Transmission of SARS-CoV-2 — Singapore, January 23–March 16, 2020. MMWR Morbidity and mortality weekly report. 2020;ePub: 1 April 2020.

Li R, Pei S, Chen B, et al. Substantial undocumented infection facilitates the rapid dissemination of novel coronavirus (SARS-CoV2). Science (New York, NY). 2020.

機械翻訳結果(DeepL)

特に地域社会からの感染が著しい地域での布製フェイスカバーの使用に関する勧告

CDC は、米国における新型コロナウイルスの蔓延と影響の研究を続けています。
最近の研究から、コロナウイルス感染者のかなりの部分は症状がなく(「無症候性」)、最終的に症状が出た人(「前症候性」)でも、症状が出る前に他の人にウイルスを感染させる可能性があることが分かってきました。
このことは、症状が出ていなくても、話したり、咳をしたり、くしゃみをしたりするなど、近くで交流している人の間でウイルスが拡散する可能性があることを意味しています。
この新しい証拠を踏まえて、CDCは、他の社会的距離を保つことが難しい公共の場(例えば、食料品店や薬局など)では、特にコミュニティベースの感染が著しい地域では、布製のフェイスカバーを着用することを推奨しています。

ウイルスの拡散を遅らせるためには、6フィート(1.8メートル)の距離を保つことが重要であることを強調することが重要です。
CDCはさらに、ウイルスの拡散を遅らせ、ウイルスに感染している可能性があり、ウイルスを知らない人が他の人にウイルスを感染させないようにするために、簡単な布製のフェイスカバーを使用することを勧めています。
家庭用品から作られた布製のフェイスカバーや、一般的な材料で家庭で安価に作られた布製のフェイスカバーは、追加の自主的な公衆衛生対策として使用することができる。

推奨される布製のフェイスカバーは、サージカルマスクやN-95マスクではありません。
これらは、現在のCDCのガイダンスで推奨されているように、医療従事者やその他の医療救急隊員のために引き続き確保されなければならない重要な物資です。

この勧告は、大統領のコロナウイルスガイドライン「アメリカのためのコロナウイルスガイドライン、30 Days to Slow the Spreadexternal」のアイコンを補完するものであり、コロナウイルスの拡散を遅らせるための国の努力の礎となるものであり、これに代わるものではありません。
CDCは、適切な公衆衛生対策に関するエビデンスが発展し続ける中で、追加の勧告を行う予定です。

Coronavirus Guidelines for America | The White House

マスクの作り方

Use Cloth Face Coverings to Help Slow Spread | CDC

私見

布製マスクでウイルスの侵入を防御することはできませんが、飛沫(咳やくしゃみなど)からの感染は予防できるので、混雑する場所や他人と接近する場所でのマスク装着には意味があると思います。

普段から目や鼻を触るクセのある人は、この機会に直した方が感染予防に役立ちます。

アマビエ(妖怪)疫病退散!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。