お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

中高年がスマホのフリック入力を上手になる方法・本当にお勧めします!

今は普通にフリックで入力していますが、最初はイライラがひどかったです。
子供はあっと言う間に習得してサクサク入力しています。
「くそー」と思って頑張ってみました(^_^)

キーボード風入力(QWERTYキー)で十分なのですが、やっぱりスマホはフリック入力の方が断然疲れませんし速いです。トグル入力(ガラケー入力)ではせっかくの機能がもったいないです。

私がフリック入力が習得できたポイントを公開します。

フリック入力の動画/ATOKより

動画で使い方を見る http://www.justsystems.com/jp/users/atok/android/05movie.html

GoogleもAndroid用に提供しています。

Google 日本語入力 – Google Play の Android アプリ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.japanese&hl=ja

上手く出来ない原因

指がキレイに滑らない。これに尽きます。

プラスチック系より滑りが良いガラス系の画面保護シートがありますが、それでもシートが貼ってあると指の滑りは悪くなります。

思い切って画面保護シート・フイルムを剥がす

何も貼っていない画面は、なんとスムーズに指が動かせるかと感動すると思います。
これでしばらく練習をします。日記を書くとか、暇なやつにメールの練習相手になってもらうとか、、、

習得期間は?

脳内で新しく神経伝達のネットワークが出来るのに三ヶ月かかるので、それまでくじけずに頑張りましょう。途中から飛躍的に上手になります。

落としたときの不安

保護シートが貼っていないと、スマホを落として画面にヒビやクラックが入るを不安に思われる人がいます。
原因はスマホの角打ちが原因なので、角を保護するケースに入れて下さい。

でもキズが付いたらどうするの

車のカギとかと一緒にポケットとかに入れなければ、そうそうキズは付きません。ゴリガラスという強いガラス系フイルムで守られています。
もし付いても、そのときの画面保護シート・フイルムです。シートを貼ればキズは全く見えなくなります。
また、電源は入ると灯りで細かいキズは見えなくなります。

もうその時あなたは、保護シートを貼ってもフリック入力は上手にできるようになっています!!!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。