医学用骨格模型を劇的にキレイに洗浄する方法

プラスチックの全身骨格模型を患者さんへの説明に置いています。

これが、軟性のプラスチックで大変汚れやすいのです。成形しやすいプラスチックなので表面が軽く粘着性がありあす。

今までは、水洗い、軽く洗剤を付けて洗ったりしていましたが、ホコリ汚れは完全には取れませんでした。

解決方法

解決する方法は、カビ取りスプレーにて洗浄します。
驚くほどキレイに簡単に洗浄できます。成分の水酸化ナトリウムが効果があることが分かりました。
水酸化ナトリウムは苛性ソーダです。

2015-09-05 18.13.57

注意

普通の洗剤と一緒に使用してはいけません、塩素ガスが発生します。換気は忘れずに!!

用意するもの

ゴーグル、長袖長ズボン、ゴム手袋、ブラシ色々、など

これにて、カビ取りスプレーを吹き付けて、どんどんブラシでこすってきます。みるみるホコリ汚れがキレイに取れます。

欠点

解剖部位のアルファベットや記号が多少薄くなる場所があります。色づけしてある場所の色落ちはありません。

1番取れなかった、肋軟骨部位もキレイになります。透明部分が粘着性部品です。

IMG_0025

いつも購入している会社です。
全身骨格模型:等身大・小型・分離|人体模型|3B Scientific http://www.3bs.jp/model/skel/

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。