お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

患者さんの皮膚を正確な色調で撮影するには、グレーカードを使えば補正不要で正確になります

患者さんの状態の撮影は、主にiPhone8Plusを使っています。

了解を取らずにSNSやブログにアップすることはありません。

オートでは背景の色調に影響されます

オート撮影なので仕方ないです。

カメラで画面を長押しすると、AF/AEロックがかかり、その後指で横を上下にスライドすると露出が変えられます。

そうなんですが、面倒ですし、以外に失敗も多いです。

露出も自分の好みのハイキーやローキーでは、データとして使えません。

改善方法を探しました。

懐かしいコダックのグレーカード

探していたら、昔、4X5で撮影していたグレーカードが出て来ました。

露出はスポット測光を行っていまして、明暗に差がありすぎるたり迷ったときに重宝しました。

近似値でホームセンターのグレー板

ホームセンターで、グレーのアクリル板が丁度使い勝手が良いです。

上肢や下肢の撮影があるので、デカいと都合が良いです。

サイズは90センチ有るので使いやすいです。

これで色調もだいたい正常に

背景の色で変わるのをご覧下さい。

白背景は色味が沈みます。本来は真っ白な背景ですが変わってしまいます。

緑背景は、色がボケています。
グレー背景は、見た目と同じ感じです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。