お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

加湿器の赤カビの防止対策 部品の塩素系消毒が効果的とテストして失敗 酸素系漂白剤が正解です

毎年冬は、加湿器を動かしています。

部屋を加湿することで、暖房が効率的に行えますし、ウイルスの活性化を低くすることが可能になります。

※メーカーの推奨方法ではありません。実施の際は自己責任でお願いします。

何回か塩素系漂白剤でテストしました。塩素系ですと加湿器内部部品の活性炭シートがボロボロになりますから、酸素系漂白剤が正解です。

カビの発生が防げない

水を使うので、機械にはカビの発生を予防するように、イオン除菌キットか装置されて対策はしてあります。付属のはAg銀と活性炭で除菌するタイプのようです。

しっかり洗っても、カビが1~2週間で発生します。

この管理が面倒で導入しなかったり、洗浄を怠る場合も多いそうです。

カビの発生する場所

加湿フィルターの枠や、本体受け皿です。

対策

塩素系(ダメでした)

ブラシで水洗いした後に、ハイターを入れた水に半日ほどつけ置きをします。

そうしたら、今までの使用状況では全くカビの発生を見なくなりました。プラスチック表面の消毒が行えたと想像します。

再び使用する前に部品を水洗いをします。

created by Rinker
ハイター
¥424 (2020/04/09 15:55:07時点 Amazon調べ-詳細)

酸素系(正解!)

こちらはメーカーも認めている方法ですので安全です。

created by Rinker
ワイドハイター
¥463 (2020/04/10 05:28:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワイドハイター
¥508 (2020/04/10 05:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

石灰の汚れにはクエン酸

加湿フィルターには、水道水の石灰も溜まりますが、クエン酸の液に漬ければ分解されます。

出来れば暖かいお湯の方が効果的です。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。