外務省 杉原千畝氏に関する質問集 【懲戒処分が行われたとの事実はありません】

杉原千畝氏は岐阜県民として誇りです。

外務省の質問集

外務省: よくある質問集 欧州

問1.戦前に在カウナス日本国領事館に勤務していた杉原千畝副領事は、ユダヤ系避難民等に対して査証を発給し、今日、その人道的行為が世界中で高く評価されています。外務省として、杉原副領事の行動をどう評価しているのですか。

外務省として、杉原副領事は、勇気ある人道的行為を行ったと認識しています。

問2.杉原千畝副領事は、訓令違反を犯していたのですか。

外務省において保管されている文書により確認できる範囲では、昭和15年(1940年)当時、「ユダヤ人に対しては一般の外国人入国取締規則の範囲内において公正に処置する」こととされていましたが、杉原副領事は外務本省の「通過査証は、行き先国の入国許可手続を完了し、旅費及び本邦滞在費等の相当の携帯金を有する者に発給する」との指示にある要件を満たしていない者に対しても通過査証を発給したと承知しています。
外務省としては、当時の状況下、杉原副領事は勇気ある人道的行為を行ったと認識しています。

問3.杉原千畝副領事は、訓令違反により外務省を懲戒解雇されたのではないのですか。

外務省において保管されている文書により確認できる範囲では、杉原副領事に対して懲戒処分が行われたとの事実はありません。
杉原副領事は昭和15年(1940年)のカウナス領事館引き揚げの後も7年間にわたり外務省で勤務を継続し、昭和22年(1947年)6月7日に依願退職しています。

杉原千畝記念館

杉原千畝記念館

映画

杉原千畝 スギハラチウネ – Wikipedia

「シンドラーのリスト」と比較するのか酷ですが、途中頓挫しかけたのに完成したことを賞賛すべきです。

シンドラーのリスト – Wikipedia

リトアニアのナウセーダ大統領が訪問

2019/10/24
リトアニア共和国のギターナス・ナウセーダ大統領が24日、現職の国家元首として初めて岐阜県を公式訪問し、八百津町の「人道の丘公園」で行われた大統領の平和メッセージを記したプレートの除幕式に出席しました。

表紙引用:杉原千畝 – Wikipedia

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。