ソウルの女王、アレサ・フランクリン(享年76歳)の死を悼む、「I say a little prayer」は聴き惚れる名曲

アレサ・フランクリンさんは、2018年8月16日、膵臓癌で亡くなられました。

「I say a little prayer」は、バート・バカラックの名曲です。

1967年にディオンヌ・ワーウィックが初めて歌い、翌年、アレサ・フランクリンが歌っています。

若かりし頃、この曲を聴いて、映画ブルースブラザーズのジョン・ベルーシが雷に打たれるシーンのように、電気が走り感動した覚えがあります。

そこからモータウンやソウルミュージックにハマっていきました。

CNN、訃報の記事

Aretha Franklin, the Queen of Soul, has died – CNN

アレサ・フランクリン:公式サイト

Aretha Franklin | The Official Aretha Franklin Site

ウィキペディア

アレサ・フランクリン – Wikipedia

I say a little prayer(邦題:小さな願い)

小さな願い – Wikipedia

I say a little prayer : 洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

Aretha Franklin – I Say A Little Prayer Lyrics | Genius Lyrics

Aretha Franklin – I say a little prayer

Aretha Franklin – The Making of ‘A Brand New Me’ [Full Mini-doc with Subtitles]

Watch Aretha Franklin Make President Obama Emotional
ケネディ・センター名誉賞で、オバマ大統領も出席されています。
リンク先は再生されます。

The iconic Aretha Franklin performance was simply ‘Electric’ as she performed before dignitaries at the Kennedy Centre Honours on Sunday, December 6 but was aired for the first time on Tuesday, December 29.

動画で驚いている金髪の婦人は、キャロルキング(歌手)です。彼女が驚くほどのサプライズです。
Carole King / キャロル・キング
キャロル・キング – Wikipedia

オバマ大統領も涙したようです。

表紙:Aretha Franklin | The Official Aretha Franklin Site

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。