お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

iPhoneの片手親指フリック入力は、右手なら左に寄せて指を伸ばした方が入力しやすい

iPhone 8Plus を使っています。
iPhone 8 – Apple(日本)

横に大きいので、フリック入力時はキーボードを右側に寄せていました。

Appleの解説

iPhone、iPad、iPod touch のキーボード設定について – Apple サポート

左に寄せて指を伸ばした方がやりやすい

シオロジー先生のブログ記事に書いてありました。
shiology.org✨

早速、マネます。

書きやすいのでビックリ

手の大きい人や使い方によると思いますが、指を伸ばした状態の方が書きやすいです。

フリックキーボードは指に近い方がやりやすいと固定した考えでした。

新鮮な体験で、これからは左に寄せた状態で使ってみます。

図解

文字入力画面で、地球マークを長押すると設定画面になります。

指の曲がり具合

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。