お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

腰部脊柱管狭窄症の86歳女性、高濃度人工水素水浴を行い足のしびれが半減した症例

腰部脊柱管狭窄症の治療は整形外科で受けています。

毛細血管を広げ血流を改善する、痛み止め、ビタミンD3誘導体などの定番のお薬を飲んでいます。

もっと良くならないのかと来院されました。

高濃度人工水素水浴

今回の女性は8回行いました。現在も継続中です。

高濃度人工水素水浴の抗炎症作用は目を見張る物があります。

今回のように、腰部に原因があっても血行や神経の流れが改善されました。

循環を改善する効果もあります。

又、腰部の痛みがありコルセットを使用されていましたが不要になりました。

手術を行わずに生活できるでしょう。

改善の図解

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。