お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

膝前十字靱帯を断裂し再建術後に、時々膝が痛くなる30代男性

膝の前十字靱帯をばげしい運動で切断しました。手術をされましたが年に何回か痛みか出るそうです。

痛いけど普通に動ける

痛みがありますが、普通に動ける状態です。

今までは自然に治っていたそうですが、今回は不安になられて来院されました。

検査では全く異常が無い

レントゲン、MRIでも正常です。手術もキレイに成功しています。

何でだろー何でだろー、と思いますが。

診察

当院で診ても異常はありません。

但し、痛い方の膝の筋肉がまだ痩せています。力を使うお仕事なので,少し違和感があります。(結局、足指を使っていなかったので大腿四頭筋が強化されない)

通常は、加圧リハビリ(医療用加圧トレーニング)に通院して頂く予定ですが、今回は違いました。

治療

所定の抗炎症治療をしました。

もう少し状態が悪ければ、仙腸関節の動きの修正も取り入れます。

村坂ゴムバンド強化法を指導

なんと、痛い方の足の指が全く使えていません。笑って仕舞うほど足指が動きません。

患者さん本人も驚きです!

なおかつ、外反母趾になっていました。これは力が入らない状況で力を入れる場合になるタイプです。

このままでは、どんどん悪化します。

今後は膝の痛みも出なくなり変形も防げる

村坂ゴムバンド強化法を行うことにより、下半身のブレが無くなり、力も入りやすくなります。

この患者さんは、治療に来院すること無く、50.60歳になったら、膝が変形してたとこでしょう。

本当に事前予防ができた症例です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。