お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

爪水虫を塗り薬だけで治す方法・いかに爪に薬液を吸収させるかがカギです

かゆみも出ないので、放置されている人も多いです。
しかし、だんだん爪がもろくなり、ますます治りにくくなります。
色も白色から茶色系に変色する人もいます。

通常の治療法

通常は飲み薬で治しますが、肝臓が悪い人は、この飲み薬が使えません。
いったいどうしたら良いのでしょうか。

私のお勧め方法

外用薬で治すことになります。最近は、良く効くのが出てきているそうです。
爪にいかに薬剤を浸透させるかが勝負です。
基本、風呂上がりで、爪が柔らかい時に、塗布します。

ポイント

爪の表面に軽くキズを付けると、薬剤の吸収が抜群に良くなります。
研磨用のペーパー(耐水性ペーパー400番)とか金属用のノコギリの歯で、爪の表面に軽くキズを付けると良いです。

私の過去の自己体験でも、ただ塗るだけよりバッチリ効果が出ました。

ポイント2

目に見える水虫が無くなっても、1ヶ月以上、お薬を塗る必要はあります。

お悩みの人は試して下さい。

引用元:爪白癬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/爪白癬

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。