お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

1992年(平成4年)から岐阜大学のコホート研究(Takayama study)が高山で行われています

コホート研究(こほーとけんきゅう、英語: cohort study)とは分析疫学における手法の1つであり、特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡し、研究対象となる疾病の発生率を比較することで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究である。

Takayama study

Epidemiology Preventive Medicine Gifu University

このような疫学調査が一番信用できます。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。