お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ものくろさんの、ネット関連の個人レッスンを受けてきました、第4回目

概略

やっぱり、水先案内人がいると、不要な回り道をしなくて進んでいけるので、私にとっては大変ありがたいです。50の手習いではありませんが、分からないことは聞くことが大切です。
検索すれば結果は出ますが、それが本当に正しいのかは分からないのです。
ものくろさんは、ソフト関連からハードまで精通しているので、聞けば解決するので助かります。

ものくろぼっくす http://www.monochrome-photo.info/

2015-08-08 14.50.26

 

今回の勉強は

いろいろな小手先の技を使っても結果は出ないので、こつこつ、ブログのエントリーを書くのが、遠いようで1番の近道です。見え方や、キレイとかは問題じゃ無いです。

数をこなさないと見えない世界というのは存在するので、習うより慣れろが必要です。

会社関連や個人事業主の方々へ、SEO対策やネット検索でうんぬんの営業が来ると思いますが、全く効果はありませんし、返って、検索結果の順位が下がる場合がありますので、注意して下さい。

 

今後は

文字の表現なので、度々の詰まるところ、文字入力を効率を上げないと、ここで詰まってしまいます。私はローマ字入力のタッチタイピングは出来ますが、やっぱり、親指シフトを習得しないと、その峠は越えられないです。
効率を上げることはスピードではありません。思った事をタイピングする技術です。

 

場所

府立大学の実験的施設で受けました。大変環境も良く、勉強も進みました。ただし、Wi-Fiの無線が混線していて、すこし設定に手間取りました。

 

まちライブラリー@大阪府立大学とは – まちライブラリー@大阪府立大学 http://opu.is-library.jp/mlopu/about/

公立大学法人大阪府立大学
[map]大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目1−41[/map]

引用元:まちライブラリー@大阪府立大学

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。