お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ブログで考えを文字にすることは素晴らしい

昨日からモノクロ先生に飛騨古川までお越し頂きまして、マンツーマンの勉強をしています。

ものくろぼっくす http://www.monochrome-photo.info/

考えがまとまる

今回がいったん最後の勉強会になりますが、年明けから毎月勉強会ありました。五十の手習いです。新しいことは脳への新鮮な刺激になり勉強なります。ブログにて自分の考えを発信することは本当に大切です。

頭でぐるぐる回っていることを文字にすると本当に整理がついて、考えもすっきりします。

ここ最近、頭の考えがまとまらなくて困っていましたが、文字に表すことは素晴らしい方法ですし、私のような小さな体験でも世の中には必要としている人は必ず居るのでやりがいがあります。

スマホは小さいパソコン

スマホが発売され何年か分かりませんが、時代が変わってしまいました。本当に小さいパソコンです。道順も表示されて迷子になることも減りましたね。電池もずいぶん持つようになりました。

若い世代の方はフリック入力でどんどん文字を書けますので、凄いなと思います。支払いもスマホで可能となり、スマホだけで何でも済ませる時代が来ました。私はフリック入力は遅いので、仕上げはパソコンでの操作が多いです。

文字入力が大事

記事を発信するには考えを文字にしないといけないので、キーボード入力が達者にならないと苦しむことなります。私はローマ字入力でタッチタイピングが出来ますが、最近は親指シフトに魅力を感じています。

それはローマ字入力だと日本語は二文字打たないと一文字になりません。あいうえおの母音は一回ですが、他は二回打つ必要があります。最近、二文字を打って入力するのに違和感を覚えてきまして、色々探したら、親指シフトにたどり着きました。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。