「ロータリーエンジンの父」死去 元マツダ社長の山本健一氏に思う、今のクリーンディーゼルにつながった歴史の始まり

ロータリーエンジンの生みの親と呼ばれる人です。

エンジンハウジングの「チャタマーク」というキズの問題を解決して世界で唯一量産に成功しました。NHK「プロジェクトX」でドラマにもなっています。

山本健一 (マツダ) – Wikipedia

山本健一マツダ – Google 画像検索

山本健一(ロータリーエンジン開発者)語録

「いつかはみな死ぬ 今は苦しくても死ぬときに誰も出来ないことをやったと思えたらそれでいいじゃないか」

「部下がついてくるかどうかはリーダーが苦しんだ量に比例する」

「創造的に仕事をしなさい 挑戦的に仕事をしなさい そしてネバーギブアップ」

引用:名言格言 山本健一語録

 

2017年はREエンジン生誕50周年

マツダが量産に成功したロータリーエンジン(RE)が世に出てから、2017年5月30日で50年となりました。

ロータリー生誕 50 周年 – Zoom-Zoom デジタルマガジン 2017年 春号

修業先の先輩がサバンナで、知り合いがRX–7に乗っていました。今でもモーターの様な強烈な加速が思い出です。その反面、当時はブレーキが非力でした。

 

ロータリーエンジンとは

ロータリーエンジン – Wikipedia

国内で初めてマスキー法をクリアしたエンジンですが、しかし、オイルショック時代に燃費問題で段々不評になってしまいました。

マスキー法をめぐって――石油ショックと公害(1970年) | トヨタ自動車のクルマ情報サイト‐GAZOO

どんな燃料でも走るので、当時は軽油か灯油を混ぜて走っている人も居ました。本当の話です。

 

ロータリーエンジン開発秘話

【MAZDA】第Ⅰ章:未踏の世界に挑んだロータリーエンジン四十七士たち|ロータリーエンジン開発物語

飽くなき挑戦 ロータリーエンジンの半世紀:朝日新聞デジタル

開発は野武士という感じです。なにクソと思う気持ちが素晴らしい製品を世の中に出してくれます。

 

この気骨が今のクリーンディーゼルを作ったと思います

マツダは当時の親会社のフォード社にハイブリッドを開発するのを止められ、やむなく他の形式を模索して、圧縮比という誰も気づかなかった値をいじって素晴らしいエンジンを作りました。

ディーゼルの圧縮比を20から14?に下げるなんて誰も思わないです。反対にガソリンを10から14?に上げるなんて、あんたはロータスコスワースエンジンか?とツッコミを入れます(^_^)

【MAZDA】ゼロからスタートしたディーゼルエンジン開発 -スカイアクティブ ディーつくり手の想い|Be a driver.

 

オート三輪もマツダ製が多かった

カーブの時に車体が傾くので凄く怖かった思い出があります。

オート三輪 – Wikipedia

マツダ・T2000 – Wikipedia

 

ロータリーエンジン復活を

再び、ロータリーエンジンの車を発売してくれるのを期待しています。

マツダの世界市場は3%だそうですが、ますます魅力のある車を作って欲しいです。

 
表紙引用元:ロータリー生誕50周年-Zoom-Zoomデジタルマガジン2017年春号より

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。