私のiPad Pro 12.9インチの使い方 2017年

今は電子ノートとして大活躍しています。

 

紙なら、今でもショットノートを愛用しています

メモパッド 方眼タイプをいつもバックには入れています。

手書きメモをスッキリデジタル化「ショットノート」 | KINGJIM

メモしてiPhoneで撮影して電子ファイルで保存します。

 

電子ノートとして

使用ソフトは下記のものを使っています。筆記の遅延が無い素晴らしいソフトです。

最初は「ノートシェルフ2」を使っていました。

Noteshelf 2を App Store で

これも使いやすいですが、後の閲覧の時はEvernoteとかに書き出す必要があります。録音も可能です。

次ぎに「ノータビリティ」ものくろ先生に紹介してもらい使いました。

Notabilityを App Store で

ノータビリティの利点は、録音とノートの記入がシンクロします。録音のポイントでメモ(チェックマークでも可)をするとその場所に飛びますので、いちいち録音を聞き流す必要が無くなります。凄いです。

ICレコーダーも持参する必要も無くなり、荷物が減るので助かりますね。

Macとも同期するので、いちいち書き出す必要が無くなりました。

 

文字入力は「mazec(マゼック)」をお勧めします!

文字入力はマゼックを使っています。

音声入力も実用になっていますが中高年でキーボードが苦手ならお勧めします。

スラスラ書いて、サクサク変換。iOS 8のあらゆるアプリで使える手書き日本語入力ソフト「mazec(マゼック)」

手書きで殆どの文字を認識します。ひらがなでも漢字変換候補が出ます。崩し文字も登録で認識します。凄いです!

ソフトキーボードも音がしなくて素晴らしいですが今は練習中です。

 

親指シフト入力は「かえうち」を

「かえうち」は使用者の使いやすいように、キーボードレイアウトを変えるとこが可能です。

かえうち – すべてのキーボードが あなた専用になる

ソフトでキーボードレイアウトを変更もできますが、勤務先でソフトのインストールがNGの所も多くて福音です。

 

Apple Pencilの静音はこのようにしています

 

12.9用のケースは

これも良いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。