【文楽 2017 第34回 文楽鑑賞教室 大阪文楽劇場】仮名手本忠臣蔵は感動!まるで人形が生きているよう!全国公演を増やして欲しい!

NHK人形劇の新八犬伝を見ていた世代としては懐かしさがありました。

公式ホームページ

国立文楽劇場 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

第34回 文楽鑑賞教室 演目

二人禿 (ににんかむろ)野澤松之輔=作詞・作曲

解説 文楽へようこそ

三業の解説を丁寧にしてくれます。

太夫:一人で色々な声を演じられます。実際に、男と女の声を実演してくれました。

三味線:バチ使いで音色が変わるのを実演してくれます。

人形遣い:男性には足が有り、女性には足が無い、左手使いが金具を使用するのですが、それを「差し金」と言い、今の言葉使いの原型だと説明がありました。

仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)

赤穂事件を元にしていますが、そのままだと幕府の許可が貰えないので、室町時代の話になっています。
赤穂事件 – Wikipedia

「判官贔屓」の言葉はこの演目が上演されるようになってから広まったそうです。
文楽編・仮名手本忠臣蔵|文化デジタルライブラリー

下馬先進物の段
文楽編・仮名手本忠臣蔵|文化デジタルライブラリー

殿中刃傷の段
文楽編・仮名手本忠臣蔵|文化デジタルライブラリー

塩谷判官切腹の段
正式な切腹の作法が演じられます。切腹した血で足が滑らないように足袋は脱ぎます。四隅になんとかの木が植えられます。

粛々と進みますので会場はシーンと静まりかえります。

塩谷判官(浅野内匠頭長矩)の命絶える前に大星由良助(大石内蔵助良雄)が駆けつけます。会場から拍手が起きます。
文楽編・仮名手本忠臣蔵|文化デジタルライブラリー

日本人はこうゆう勧善懲悪には弱いです!

城明渡しの段
大星由良助(おおぼしゆらのすけ)の無念が見事に演じられています。引き込まれます。
文楽編・仮名手本忠臣蔵|文化デジタルライブラリー

一度観られることをお勧めします

国営なのでパンフレットは無料です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。