もうWindows XPが不要だと思ったら、レントゲンビューワーが8に未対応でParallels Desktopが活躍しました

昨日、来院の学生さん。取りあえず処置して、今日の疼痛や腫脹の度合いにてレントゲン検査と考えていました。

検査の結果、骨折でした。今年の夏休みは、ある意味思い出になるよと言って励まします。早期に加圧リハビリを開始して、キレイに治します。

時代は医療もデジタル

柔道整復師である私たちは、レントゲン検査は出来ませんが、医師の同意の基に骨折の継続治療が出来ます。応急処置は骨折脱臼ともに自主判断で可能です。

いつもお世話になっている病院からの検査結果は、今ではCDに焼いて患者さんが持ってきます。なんとおしゃれなと思います。昔はレントゲンフイルム用の運搬袋を用意していました。

意外に、現像液などの廃液の環境汚染も無くなり、レントゲンフイルムの保存の場所の確保が少なくなるので、素晴らしいことだらけです。確か解像度も上がり、被曝量も減ったと記憶しています。

MacでWindowsは動くけど

レントゲンビューワーソフトはWindowsのみの対応で、なんとVistaまでの対応です。てっきり忘れていました。今、バーチャルで使用しているのは、Windows8.1なんです。取りあえず、他のXPマシンで骨折状態の確認を行いました。

早速、手持ちのパラレルスデスクトップにXPをインストールしてサービスパックを2と3を当てて、事なきを得ました。こんな条件の人が意外に居ると思います。

メモリは予算が付けば16Gが良いと思います

バーチャルソフトはメモリ食いまくるので、メモリは16G積んだ方が良いです。私は8Gだったので少し後悔しています。いちいち不要なソフトをシャットダウンして使っています。画像以外は8Gでもサクサク動きます。

Macの人にはおなじみの

エミュレートソフトは、

Parallels Desktop https://www.parallels.com/jp/products/desktop/

VMware Fusion 7 https://www.vmware.com/jp/products/fusion/

があります。お勧めはparallelsですが、好き好きです。無料使用期間がどちらもあるので使い比べるのが1番です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。