お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

クラシックバレエで師事した先生の違いで、ふくらはぎの筋肉が付く付かないの差が出るらしい

バレエに限らず女性はふくらはぎの筋肉を付けたくないらしいです。

元宝塚の柚希礼音さんが対談番組で語られてました。

ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎの筋肉は次の二つから構成されます。

腓腹筋

体表から触れる筋肉です。

働きは、膝を曲げて(屈曲)、足首を伸ばします(底屈)。

これが発達すると女性は嫌がります。しかし、中高年になると歩行に重要な筋肉です。

美容整形でこの筋肉を麻痺させる方法がありますが恐ろしいことです。

ふくらはぎの筋肉が気になる人は足首を引き締めると、目の錯覚でふくらはぎが細く見えます。

ヒラメ筋

体表からは触りにくい筋肉です。

働きは、足首を伸ばします(底屈)。膝の運動には関与しません。

私の推理

要するに、膝がしっかり伸びた状態で足首の運動ができているかの違いと思われます。

ジャンプするタイミングの小さな違いと思います。

バレエの人を診察すると、膝が過伸展になるのが普通なので、訓練の方法や、イメージする少しの違いかも知れません。

実際に練習風景を観察してみたいです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。