お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています・小又「こまた」と読みます

筋トレを行ったら筋肉量・筋力はどう変化するのでしょうか?

統計は取っていませんが、筋トレをしたらどうなるのがという当院の答えです。

人間は画一的な反応は出ません。

筋トレを3ヶ月くらい行うと

最低、3ヶ月は行わないと変化しません。基本です。

筋肉が大きくなり、力が付く人

男性にとっては理想です。

女性はそうはいきません。

女性で筋肥大が起きるのは、信じられないくらい努力が必要です。通常のトレーニングでは、筋肉が張るくらいです。

又は、痩せて筋肉が付いたように見えるだけです。

筋肉が大きくなり、力は付かない人

このような男性もまれにいます。

これをもって、ボディービルの筋肉は使い物にならないと言う人もいます。

筋肉の大きくならず、力が付く人

バレエダンサーの人はこれを目指しますが、男性ですと筋肉が付きすぎる人もいます。

女性は食事制限して努力すればこのようになります。

女性は筋トレしても腕や足の周囲経は変化有りません。

筋肉の大きくならず、力も付かない人

残念ですが、?%の人は努力しても付かない人もいます。

本当のハードゲイナー(筋肉がつきにくい体質)はいないと言われおり、食事と努力が必要です。

食事でタンパク質も炭水化物も少ないです。

それを乗り越えるには

そのような様々な反応をコントロールできるのが、加圧トレーニングや加圧リハビリです。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。