お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

脊柱管狭窄症の80代男性 足の感覚がよみがえってきて悪化したと勘違いされる

治療過程で、このような現象も良くあります。

状態が悪くても人体は恒常性を優先するので色々な反応が出ます。

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症 – Wikipedia

投薬治療では変化が無い

お薬を長く飲まれていましが残念ながら変化が見られず、ご近所の人の紹介で来院されました。

当院の治療

高濃度水素水浴と刺絡治療村坂法を使います。

水素水浴は炭酸泉浴より効果があります。刺絡治療も通常のと異なり独自のものです。

刺絡治療は自律神経を整えてしびれを消退させます。

筋力低下がある場合は加圧リハビリ村坂法を行います。

加圧リハビリも独自の方法にて筋反射が改善して歩行が凄く楽になります。後、筋力や筋量が改善します。

この患者さんは

初診の時は、足裏にゴムが張り付いたような感じで、皮膚感覚も低下していました。

治療にて、足の感覚がよみがえってきてピリピリするので悪化したと勘違いされたのです。

何回必要?

良く聞かれます。

10回治療して、しびれの変化を見ます。

歩行状態は5回以内に改善するのですが、ご本人さんの自覚症状が改善するのにプラス5回は必要です。

この患者さんは4回目にて刺絡治療の痛みを感じるようになりました。

手術をしても痛みは改善するがしびれは?

歩行に支障が出てくれば考える必要はありますが、なるべく切らないようにしたいものです。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。