お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

膝に溜まった水は抜かないのが理想ですが、抜く必要のある場合も、禅問答みたいな答えになります

膝に水が溜まると曲げるのが痛いです。もっと溜まるとじっとしてても痛いです。

膝に水が溜まる理由

単純明快です。

炎症を起こした患部の温度調節が必要だから、水(体液)が集まります。

膝の炎症を抑えるため、関節軟骨への衝撃を和らげるために、どんどん集まってきます。

ケガは違う原因です。

下半身の筋力低下も一因ですが、筋肉を付けようとして下手な筋トレも危なくて、水が溜まる場合があります。

ケガをした

膝を強打したのが多いです。

直ちに抜く必要があります。

膝を強打して水が溜まったのは、抜くと血液が混じっている事があります。

前十字靱帯断裂や内側側副靱帯断裂でも溜まることが多々あります。

急に運動した後に

急激な運動をしたり、登山の後も多いです。下り坂で痛めます。

中高年で、思い立って運動を始めた人に多いです。

知らない間に溜まった

貯金だったら喜びひとしおですが、ほとんどが関節炎の場合です。残念!

これが一番問題で、抜いた方か良いか? 抜かない方が良いのか? という質問を受けます。

抜くのが必要な場合

ご本人さんが、耐えがたい痛みがあるなら抜いた方が良いです。今後の予定や生活様式を考えて判断します。

治療の弾みを付けるために、あえて抜くことをすすめる場合もあります。

ケガの場合は必要です。

抜かなくても良い場合

診た結果ですが、軽度の場合は抜かない方が良いです。

それは診ないと言いようが無いのが実状です。

クセになるのでしょか?

水を抜くだけ治療ですと、何回も抜く必要があります。当然です。これはクセとは言わないです。整形外科での治療です。

関節リウマチの患者さんは、この限りではありません。

水を抜くと関節破壊が進みますので、なるべくなら回数を減らしたいです。

関節の水が直ちに消退し、再び溜まらないような治療を

診て抜く必要があっても何回も不要なので喜ばれます。抜く場合はご希望のお医者さんを紹介しています。

関節の水を速効に消退させるには、当院考案の特殊な加圧リハビリ(非公開)と高濃度炭酸泉足浴を行います。

関節の水を引かせるには、鍼治療はあまり効果が出にくいです。

そして、再び溜まらないように、仙腸関節の動きを正し、体の中心軸を出し、トレーニング不要で太ももの筋肉を付ける治療をします。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。