お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

ちゃんと洗ってしっかり保湿、お風呂で行うかゆみ予防の基本

洗浄保湿をしっかり行うことが皮膚の健康の基本です。

体の洗いすぎじゃなくて、こすりすぎてかゆみが出ている人が多いです。

秋から皮膚は乾燥してきますので、対策をしましょう。

現代は、暖房が発達しているので余計にかゆみが出やすくなります。(皮膚が乾燥しやすくなる)

保湿剤入り商品は最初は効くけど

保湿剤入りの石鹸やボディソープ類は、最初は効果が出ますが、だんだん効果が出なくなります。

その時点からでもいいので、洗浄と保湿は分けて考えた方が良いです。

石鹸と保湿は別物で考えた方が適切です。

なにで洗うかが問題です

手、絹、綿、ナイロンがあります。

刺激が少ない順に、手<絹<綿<ナイロン、となります。

ナイロンタオルでごしごし洗うのは気持ち良いですが、皮膚がどんどん荒れていきます。

中高年の人で、かゆいかゆいと言われる人は洗いすぎが多いです。

タモリさん(71歳)、五木寛之さん(83歳)は

年齢は2016年9月のものです。

タモリさんは、10分くらい入浴して垢を浮かしてから洗うそうです。石鹸は使わないそうです。

タモリ式入浴 – Google 検索

五木寛之さんは、脇、肘、股、膝、足などの曲がるところと陰部のみ石鹸で洗うそうです。頭は余り洗わなくて季節の変わり目くらいだそうです。

洗わないのは、好みだと思います。

年齢と共に保湿能力は落ち乾燥しやすくなるで、一つの方法です。

保湿剤はお好みで

保湿が大切です。風呂上がり、直ちにに行います。

ベビーローションでも、ニベアでも、お好みの保湿剤でしっかり保湿してから寝ましょう。この二つは刺激も少なくてお勧めです。

ホーム|JOHNSON’S®

花王株式会社 ニベア

保湿をしたら、翌日の入浴でしっかり洗浄です。

肌の荒れやすい人や皮膚病の人は

セラミドの修復が上手くいかないせいです。

タンパク質が不足してると治りにくいので見直して下さい。

プロテインよりゼラチン・コラーゲンのほうが効果があるので、治りにくい皮膚病の人は試されると良いです。普通ので良いです。高額な商品は不要です。

 
ゼラチンは関節や腱の痛みに抜群の効果があります、私の膝関節軟骨も再生しました | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

 
体のかゆみには、固形石鹸をおすすめします 皮膚がつるつるになります | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。