お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ちゃんと洗ってしっかり保湿、お風呂で行うかゆみ予防の基本

洗浄保湿をしっかり行うことが皮膚の健康の基本です。

体の洗いすぎじゃなくて、こすりすぎてかゆみが出ている人が多いです。

秋から皮膚は乾燥してきますので、対策をしましょう。

現代は、暖房が発達しているので余計にかゆみが出やすくなります。(皮膚が乾燥しやすくなる)

保湿剤入り商品は最初は効くけど

保湿剤入りの石鹸やボディソープ類は、最初は効果が出ますが、だんだん効果が出なくなります。

その時点からでもいいので、洗浄と保湿は分けて考えた方が良いです。

石鹸と保湿は別物で考えた方が適切です。

なにで洗うかが問題です

手、絹、綿、ナイロンがあります。

刺激が少ない順に、手<絹<綿<ナイロン、となります。

ナイロンタオルでごしごし洗うのは気持ち良いですが、皮膚がどんどん荒れていきます。

中高年の人で、かゆいかゆいと言われる人は洗いすぎが多いです。

タモリさん(71歳)、五木寛之さん(83歳)は

年齢は2016年9月のものです。

タモリさんは、10分くらい入浴して垢を浮かしてから洗うそうです。石鹸は使わないそうです。

タモリ式入浴 – Google 検索

五木寛之さんは、脇、肘、股、膝、足などの曲がるところと陰部のみ石鹸で洗うそうです。頭は余り洗わなくて季節の変わり目くらいだそうです。

洗わないのは、好みだと思います。

年齢と共に保湿能力は落ち乾燥しやすくなるで、一つの方法です。

保湿剤はお好みで

保湿が大切です。風呂上がり、直ちにに行います。

ベビーローションでも、ニベアでも、お好みの保湿剤でしっかり保湿してから寝ましょう。この二つは刺激も少なくてお勧めです。

ホーム|JOHNSON’S®

花王株式会社 ニベア

保湿をしたら、翌日の入浴でしっかり洗浄です。

肌の荒れやすい人や皮膚病の人は

セラミドの修復が上手くいかないせいです。

タンパク質が不足してると治りにくいので見直して下さい。

プロテインよりゼラチン・コラーゲンのほうが効果があるので、治りにくい皮膚病の人は試されると良いです。普通ので良いです。高額な商品は不要です。

 
ゼラチンは関節や腱の痛みに抜群の効果があります、私の膝関節軟骨も再生しました | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

 
体のかゆみには、固形石鹸をおすすめします 皮膚がつるつるになります | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。