結果を出す手技療法のパイオニア

女性の頭痛は何種類も重なります 施術で頭痛薬も減らせ不要になる人もいます

女性の頭痛は一種類ではありません。皆さん頭痛薬を頼りにされています。

生理痛が加わると何でもいいから痛みを取りたいと、毎月何十錠も服用されている人もいます。

生理が終わるかなと思う頃には、更年期も始まり、女性は大変だと思います。

当院の施術を10回ほど受けることにより、今まで服用していた頭痛薬が不要になる人が多いのです。

片頭痛で困っている人も改善する場合も多く喜ばれています。

痛み止め(特にNSAIDs=エヌセイズ)に関しては、「血管を縮小させる効果があるため、併用すると治癒までかえって時間がかかってしまう」というのが現実です。

それでも単価が安い痛み止めに頼るのは仕方無いのですが、もし痛み止めを飲むと体が冷える感じがするなら、副作用が出でいる証拠です。

悪がむくむなら腎臓への負担が出ています。

1人でもお薬に頼り過ぎず、健康的な生活を送って頂きたいです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。