お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

飛騨古川で幻想的な『きつね火祭り』が開催されます。今年2015年は9月26日土曜日です。

きつね夫婦

 
近年から始まった祭りです。
商工会の有志が企画された祭りでしたが、現在では盛大に行われています。

 

 

毎年、9月の第四土曜日に開催されます

本年2015年は9月26日の開催です。

 

飛騨古川に伝わるおとぎ話が一年に一夜お祭りとして開催されます

漆黒の闇の中、松明の灯りを揺らしながら数十人にも及ぶきつねの嫁入り行列が静かに進んでいく――。
飛騨古川に古くから伝わるおとぎ話が今に蘇る夜に、その1ページを切り取ったような幻想的な雰囲気に町中が包まれる、それが「きつね火まつり」です。
円光寺・本光寺・真宗寺の各寺から出発した「きつね火まつり」の行列は古川の町を厳かに通り、まつり広場で合流します。
まつり広場で出会った狐の花婿と花嫁はその後、幻想的な結婚の儀を行う会場に向かって歩みを進める……。
行列を見た人には、五穀豊穣や家内安全、商売繁盛などの願いが叶えられるということもあり、毎年9月第4土曜日の祭り当日には沿道や広場には多くの人が集まります。

引用:飛騨古川きつね火まつり|イベント|飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」

 

きつね火を見た父

亡くなった父が言っていました。
夕暮れや夜の山並みを見ると、いくつもきつね火が移動していくのを何回か見たことがあると。光が10以上あって、あれはキツネの嫁入りだと。
ヘンなことを言うなと思っていましたが、大正生まれの患者さんとかに聞きますと見た体験がある人が結構いまして、まんざらウソじゃ無いのかなと思っています。

 

2015年のパンフレットです


CCI20150921_1

 

CCI20150921_2

引用元:飛騨古川きつね火まつり|イベント|飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」 http://www.hida-kankou.jp/event/1339/

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。