「Google AI: 失明の予防に取り組む医師をAIでサポート」未病を治す未来の医療がそこまで来ています

凄い記事です。

医療では明るい未来が開ける予感がします。

これで、糖尿病性網膜症からの失明が減れば本当に凄いことです。

糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症 – 20. 眼の病気 – MSDマニュアル家庭版

人工知能:AI(artificial intelligence)

人工知能 – Wikipedia

Google AI: 失明の予防に取り組む医師をAIでサポート

Google のチームが、機械学習を活用して糖尿病性網膜症の診断を支援する様子をご覧ください。@Google

Google AI: 失明の予防に取り組む医師をAIでサポート | Google

動画:

可能性を見い出す | Google

PDF

Google AI 失明の予防に取り組む医師をAIでサポート

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。