五十肩様関節炎の67歳女性、股関節の動きを治したら治療していない長年の肩こりが消失した症例

五十肩は大変辛い思いをされます。

手も上げにくいです。3.4ヶ月かけて、ようやく手が後ろに回り、エプロンの紐が結べるようになりました。

同側の股関節の動き

五十肩と同側の股関節の動きがおかしいです。

問診しましたら、若い頃からだそうです。

股関節の開排運動を治す

腸腰筋の動きを治します。

長年の関節の使い方にクセがあるので治療しても悪い方へ戻ります。よって何回も必要になります。

患者さんも辛抱が大切です。

この方法は非公開になります。

徐々に回復する

肩関節の動きが回復すると同時に、長年の肩こりが消失しました。

患者さんが、驚きながら報告してくれました。

新しい発見がより良い治療に役立つ

いつも患者さんから学びます。

新しい発見があり、より効果の有る治療のヒントになります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。