万が一の災害に備えて、自動車の燃料は常に満タンにするように心がけています

自動車の燃料は半分を切ったら、必ず満タンにするように心がけています。

冬の災害に備えて

車は急場の避難場所になります。エコノミー症候群とか言ってられません。

災害で

急な豪雪で道路が通行止めになったりします。長時間の通行止めでガス欠になった車も多かったそうです。

震災で居場所が無くなります。指定の避難場所に入れない時があります。

携帯やスマホもシガーライターソケット用の充電器を持ってれば充電が可能です。

冬は暖房が必要です

車のヒーターが役立ちます。

「備えあれば憂いなし」

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。