お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

誕生日は一年の中で生命力が一番弱い日 生まれ月も合わせて体調管理をしましょう

恩師の村上宥快和尚さんに教えて頂きました。

「誕生日は、幼少の時に祝うのは仕方ありませんが、親に感謝すれども喜ぶものではありません」と。

生まれた日が一番弱い

人間にも一年の春夏秋冬があります。出発点が誕生日です。

誕生日は冬の時期です。生命力が一番弱いです。育つにつれて丈夫になります。

バイオリズムとは全く異なります。

当然、年齢の春夏秋冬もあります。

生まれた月も弱い

生まれ月も弱いので要注意です。風邪を引いたり、病気にかかると治りにくいのです。

体調も判断力も落ちるので大切な事は止めた方が賢明です。

誕生日に重大な判断や行事を行わない方が良いです。

季節の四季とは別です

最高潮なのは2ヶ月しか有りません。

冬は種をまいても何も育ちません。

春は種まきの時期で事始めに最適です。夏は意外に無理が利きます。秋は収穫の時期です。結果が出ます。

当然、台風や梅雨の時期もあります。転換期と言います。

このように人体にも四季がある

人体にも四季があるので体調も人それぞれです。

夏に強いとか、冬に強いとかは、生まれた月日も関係しています。

筋トレしても、走っても、タイプは変えられません。

心と行いが大切

人体の冬・梅雨・台風の時期に実行してしまう人は、村上先生は心がけが悪いからと教えられています。

肉体と精神は不離一体です。

平生往生が大切と教えられています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。