お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

トイレの「ペーパータオル」ギュッと丸めて捨てるエコしています、皆さんもやりませんか!

過日訪れた、岐阜市の日赤病院のお手洗いに協力の掲示がありました。

それ以来、ペーパータオルはギュッと丸めて捨てるように気をつけています。

ゴミ箱がすぐ一杯になる現状

病院・レストラン・講習会場など、たくさんの施設のお手洗いにペーパータオルが設置されています。

賛否有りますが、ジェットタオル(ハンドドライヤー)より確実に衛生的です。

記事投稿後2020年に新型コロナウイルス感染症が蔓延しジェットタオル(ハンドドライヤー)の使用は自粛になりました。その後、WHOはジェットタオルの使用は問題無いと見解が出ています。

施設の利用者が多いと必然的にお手洗いの利用者も増えて、ゴミ箱はペーパータオルであふれかえっています。

解決策はゴミの容積を減らすこと

至極簡単な方法です。

手を拭いたペーパータオルをギュッと丸めて捨てることです。

この効果は絶大で容積は半分以下になり、ゴミ同士のすき間が無くなるので、よりいっそう容積が減ります。

畳んで使うと一番容積が減るデータもありますが、丸めるのが現実的です。

丸めるのも「ギュッと」行うのが効果的です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。