お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

緊迫のカブール空港 ターキッシュエアラインズ フライトTK707の離陸を米国海軍HC-130 (航空機)がサポート 2021年8月16日( アフガニスタン時間)

昨日、アプリ「フライトレーダー24」で緊迫のアフガニスタン・カブール空港の様子を見ていました。

Flightradar24

Flightradar24: Live Flight Tracker – Real-Time Flight Tracker Map

スマホ用のアプリもあります。

ターキッシュエアラインズ フライトTK707

ターキッシュ エアラインズ – Wikipedia

2021年8月16日カブール空港の様子(アフガニスタン時間)

午前4時台に、米国海軍HC-130 (航空機)が飛び立ちます。

軍隊の飛行機は途中でADS-Bが受信できなく軌跡が消えるのが常です。

10時まで何の動きもありませんでしたが、アメリカ国務省の飛行機が離陸します。

ターキッシュエアラインズ フライトTK707の離陸の準備か?

C130、2機が離陸準備

急に米国海軍HC-130 (航空機)2機が別方向に飛び立ちます。

1機がカブール空港の南側で旋回しています。1機、途中でADS-Bが受信できなく軌跡が消えます。

そうしたら、ターキッシュ エアラインズ フライトTK707が離陸をしました。

途中まで米国海軍HC-130 (航空機)1機が回旋したままで、軌跡が消えました。

ターキッシュ エアラインズ フライトTK707は無事に目的地のイスタンブールに着陸しました。

11:53カブール発~18:27イスタンブール着(アフガニスタン時間)

飛行機に乗れた人は命からがらですが、乗れなかった人は陸路になるのでしょう。

Googleによる英語からの翻訳
カブールからの脱出:タリバンがアフガニスタンの首都を占領すると、数千人が急いで逃げるため、放棄された車が通りに並び、交通はカブールで停滞します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。