お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

本日の Google Doodle「森光子を称えて」女優で初めて国民栄誉賞を受賞した日

本日(2021/07/01)のGoogle Doodle(ドゥードゥル)は森光子さんです。日本限定です。

森光子を称えて

森光子 – Wikipedia

Doodleとは
Doodle(ドゥードゥルと読みます)は、祝日や記念日、有名な画家や先駆者、科学者の生誕などを祝うため、斬新で楽しく、また時には自由な手法で Google のロゴ マークをアレンジしたものです。

翻訳結果(Google翻訳・DeepL翻訳)

今日のDoodleは、日本の歌手であり俳優でもある森光子さんが、作家・林芙美子の自伝的小説を舞台化した演劇「放浪記」(放浪者のノート)で、日本の芸能人として初めて2000回の公演を行ったことを記念して作られました。その功績が認められ、2009年のこの日、日本の女優として初めて国民栄誉賞を受賞しました。

1920年5月9日、京都生まれの村上美津は、14歳の歴史ドラマ映画で映画デビューを果たしました。また、才能あるボーカリストでもある光子は、1941年に東京に移り住み、日本、中国、東南アジアでのツアーで10年間にわたり披露したジャズ歌手としてのスキルを磨きました。

1952年、光子は日本全国のラジオ放送で注目された舞台劇でコメディデビューを果たし、全国的な注目を浴びました。日本のエンターテインメント界で定評のある光子は、1961年に「放浪記」で主人公の林芙美子として初演され、80年代に2,017公演を記録しました。

初演から45年以上が経過した2007年の公演前、光子さんは記者団に「老後の怪我を避けるために、このキャラクターの特徴であるでんぐり返しを引退します」と語っていました。そして、2009年に最後の『放浪記』公演を行い、日本の現代演劇界のスーパースターとしての役割を終えました。

森光子さん、すべての思い出に乾杯!

原文

Today’s Doodle celebrates prolific Japanese singer and actor Mitsuko Mori, who became the first entertainer in Japanese history to perform 2,000 times in “Horoki” (“A Wanderer’s Notebook”), a theater play based on the autobiographical novel of author Fumiko Hayashi. In recognition of this unparalleled lifetime achievement, on this day in 2009, she became the first actress to ever receive Japan’s prestigious People’s Honor Award.

Born Mitsu Murakami in Kyoto, Japan on May 9, 1920, she made her cinematic debut at 14 in a historical drama film. Also a gifted vocalist, Mitsuko moved to Tokyo in 1941, where she sharpened her skills as a jazz singer, a talent she showcased throughout the decade on tours in Japan, China, and Southeast Asia.

In 1952, Mitsuko continued to prove her dynamic range when she made her comedic debut in a stage play featured on radio broadcasts across Japan—widespread exposure that cast her into the national spotlight. An established name in Japanese entertainment, Mitsuko premiered in “Horoki” in 1961 as the lead character Fumiko Hayashi, a role she played well into her 80s for a record 2,017 performances.

Before one of these productions in 2007, over 45 years since it first showed, Mitsuko told reporters that she was retiring her character’s signature reflex to good news—a forward somersault—to avoid injury in her old age. She gave her final “Horoki” performance in 2009, bowing out as a superstar of contemporary Japanese theater.

Here’s to all the memories, Mitsuko Mori!

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。