書籍【劇場建築と椅子】魔法にかかる場所の座り心地で芝居の感想も変わる 撮影禁止の劇場内データとしても素晴らしい

劇場の椅子は大切です。

劇場の椅子の座り心地が悪いと芝居どころではありません。

コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・アリーナ・映画館など公共施設のイス カプセルベッド|コトブキシーティング株式会社

あまり知られていませんが、日本で最初のカプセルホテルは大阪にあり今でも営業していますが、ここのカプセルベッドを制作した会社です。

100年以上続いている会社だそうで、企画監修された本です。

コトブキシーティング【公式】(@kotobukiseating)さん / Twitter

出版

劇場建築とイス | 株式会社ブックエンド

ブックエンドの藤元さんに聞きましたら、完成まで4年かかったそうです。

副題の「客席から見た小宇宙」を付けるのに苦労されたそうです。

私たち観客はいつも人でごった返している劇場しか知りませんが、取材では劇場は観客は居ないのでシーンとしているでしょうから、そこでは本当に小宇宙を感じられたのでしょう。

私も静まりかえる劇場を見学してみたいです。

劇場建築と椅子

書籍『劇場建築とイス』刊行のお知らせ|お知らせ|コトブキシーティング株式会社

表そでの言葉が良いです。

当時の帝国ホテル中央玄関は明治村に保存されています。
帝国ホテル中央玄関|エリア別建造物|文化財|園内の楽しみ方|博物館明治村

演劇ファンなら

舞台側から客席を撮影したのもあり、演者さんはここからの景色を見ているのかと感慨深いです。

劇場内は撮影禁止なので、椅子の情報は殆どありません。

この本を見れば、芝居を見た情景が蘇ります。

コトブキシーティングがかかわった劇場のみの掲載ですが、資料としても、コアなファンに対しても素晴らしい作品を作ってくれました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。