お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

季節外れの大雪ですが、飛騨地方では日常風景です。

  毎年、お彼岸過ぎには雪が降ります。

今年は本当に天候が荒れています。昨日の夜から吹雪でした。先週は30センチくらい積もりましたし、この後がどうなることやら心配ですが、地表温度が暖かので、晴れれば、あっというまに消えます。    

 

 

けど、冬タイヤ(スタッドレス)は、未だ外せません。峠は雪が積もります。私は、出張が多いので高山祭か古川祭り過ぎに毎年夏タイヤに交換します。

春の高山祭 http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000002/2000024/index.html

古川祭・起し太鼓 http://www.hida-kankou.jp/event/15/article/

 

平湯温泉郷在住の方は、ゴールデンウィーク開けまで冬タイヤを外せません。東京方面から観光で来られる方は、何年か一度、安房トンネル前後が積雪で普通タイヤでは通行不可能で、泣く泣く帰られることもあります。

安房峠道路 https://goo.gl/maps/oVDWS

 

まだ冬タイヤを外せない理由は、東海北陸自動車道の高鷲(タカス)から荘川(ショウカワ)までは、まだまだ降雪があります。

ひるがの高原サービスエリア  https://goo.gl/maps/n0AU0 ここが悪天候の時の待避所になります。

 

積雪になるとインターで冬タイヤ又はチェーン装着をチェックされます。装着していないと強制的に高速道路から下ろされます。どうしても目的地へ行きたい場合は一般道の走行となります。もし、そんな早春に普通タイヤで飛騨地方へ観光へ来られたら、あきらめて帰られるのが賢明です。春は東海北陸自動車道・白鳥インターにて下り車線北上する車は全部点検されます。

東海北陸自動車道/油坂峠道路・白鳥IC https://goo.gl/maps/1OQ8e

 

この季節のやわらかいジャブジャブした雪は積もるとハンドルを取られるので要注意です。スピード出しすぎ厳禁です。車は止まりません。ご注意を!

 

毎年の事なので、3月の早春に当地へ来られる方々は、ご参考までに。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。