お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

眼鏡をカメラレンズに例えて考えてみる。①

中年以後になると、どうしても老眼鏡が必要になってきます。いったいどんなものなのでしょうか。

遠近両用メガネレンズ
https://www.vc.hoya.co.jp/lens/see_index.html

 

progressive_zu

出典:HOYA ビジョンケアカンパニー

眼鏡をカメラのレンズに例えて考えて見ました。

遠近両用眼鏡はズームレンズと考える。

遠近両用(高倍率ズームレンズ)
中近両用(標準ズームレンズ)
近近両用(広角ズームレンズ)

カメラレンズで言うところのF値が明るい暗いは、眼鏡で言うところの周辺収差が少ないか多いかです。

上記の図にあるように、ピンクの点線から外側は見える映像としては崩れていますので実際はぼやけて見えます。

周辺収差が少ない製品はその領域が小さいので、実際の見方に近づきます。

周辺収差の少ないものはレンズだけで4~7万円。安いのは1万円台。

安いレンズは車の運転とかでサイドミラーが見にくくなるとかありますが、顔を動かせば問題ありませんし、高いレンズが不要な方もたくさん居られます。

遠近両用眼鏡の注意点

最初に購入した方は、歩行中は要注意です。

下側を向くと近くにピントが合うので床がぼやけたり浮いて見えたりします。

また目眩(めまい)の症状を言われる方も居られます。

初めてや久しぶりに遠近両用眼鏡を作られた場合は、出やすい症状です。

慣れの問題ですが、どうしても合わないようなら最初は弱めの調整が必要と思います。

すべての条件を満たす眼鏡は現在ありませんので、場面によって使い分けましょう。

次回は専用眼鏡=単焦点について説明します。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。