お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

腰痛の実態調査「山口県腰痛スタディ」から当院で行う治療の有用性を考えます

外国の文献では、腰痛の80-85%は原因不明であると言われていました。

しかし、最近の研究では80%近くが診断可能と報告がありました。

その報告から、当院の治療の有用性を考えます。

PubMed

発表された論文です。
Diagnosis and Characters of Non-Specific Low Back Pain in Japan: The Yamaguchi Low Back Pain Study. – PubMed – NCBI

結果

78% 250例 特異的腰痛
22% 70例 非特異的腰痛

意外に原因は特定できるようです。治るかは別の話です。

当院で行う関節運動学矯正法の効果の有無

腰椎椎間関節性○
腰部筋膜性○
腰椎椎間板性○
腰部脊柱管狭窄症×△○
(病態により不変から効果有りまで)
腰部椎間板ヘルニア×△○
(病態により不変から効果有りまで)
仙腸関節性○
腰椎圧迫骨折×
感染症×

私の考え

57%の腰痛が手技療法の関節運動学矯正法で治る可能性があります。

腰椎椎間関節や仙腸関節の副運動(関節の遊び)を治すことにより痛みが軽減します。

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは症状が多彩なので、効果がある患者さんが多いですが除外しています。

当院では関節運動学療法を昇華した独自の治療法で腰痛の治療を行っています。

そんなに痛み止めは必要ないと思います

急性期を過ぎたなら、椎間関節や仙腸関節の関節の状態を治療で改善すれば痛みは相当減少しますので、お薬も飲まなくても治る可能性高まります。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。