【七月大歌舞伎・昼の部 松竹座 平成29年 感想】夏祭浪花鑑は任侠映画の元祖!二人道成寺の踊りに女形の真髄を見ました

道頓堀今井本店で弁当を買って、いそいそと参りました。

 

公式

七月大歌舞伎 | 大阪松竹座 | 歌舞伎美人(かぶきびと)

 

感想

夏祭浪花鑑は、団七九郎兵衛:「七代目市川染五郎」さんと、一寸徳兵衛:「二代目尾上松也」さんの共演です。

活きの良い花形役者さんなので、テンポ良く進んで行きます。

最後の「泥場」の場面が見応えがありました。

三河屋義平次: 「六代目嵐橘三郎」さんが憎らしくて良い味出ていました。

二人道成寺の白拍子花子: 「五代目中村時蔵」さんと、白拍子桜子: 「初代片岡孝太郎」さんの踊りは、流石、歌舞伎役者さんは踊りも凄いなと見とれました。

他の演目で踊りは観たことありますが、あんなに綺麗な踊りを初めてです。

引抜きという衣装が直ぐ替わるのが驚きです。

何十分も踊る体力気力に感心しきりです。

この後の夜の部の「盟三五大切」が凄すぎて、昼の記憶が結構飛んでしまいました。

 

演目資料

夏祭浪花鑑

夏祭浪花鑑 | 歌舞伎演目案内 – Kabuki Play Guide –

絵本太功記・夏祭浪花鑑|文化デジタルライブラリー

二人道成寺

京鹿子娘道成寺 | 歌舞伎演目案内 – Kabuki Play Guide –

京鹿子娘二人道成寺 | 作品一覧 | シネマ歌舞伎 | 松竹

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。