お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

代替用ノートパソコン Lenovo G570 のディスプレイを交換 天板(LEDベゼル)が外れにくいのは反対側から行ったためでした

仕事用のパソコンが故障したときに使うノートパソコンを用意しています。

今は修理も早いので、昔ほど作業に支障は来しませんが、やはり必要です。

未だに現役 LenovoG570

発売は、2012年前後でした。

当時、格安でもしっかり動作するのでたくさん売れました。ディスプレイの天板のヒンジが弱いと言われていました。

Lenovo ノートブック 製品仕様表 | レノボジャパン

今まで、キーボード、DVDDrive、メモリ、HDDをSSDへ、排気ファン、など交換をしてきました。

更新を定期に行う

月に一度起動し、更新とセキュリティを確認します。

Windowsはこれをやっておかないと、いざ使用するときにアップデートに時間を取られて仕事にならないことがあります。

ディスプレイが暗くなってきた

去年から、ディスプレイが暗くなってきました。

今回も修理が必要ですが、初めて自力でディスプレイ交換をやってみます。

昔のようにインバーターは不要で、LEDパネルを交換すればOKです。

作業内容を検索

購入したLEDパネル。

作業方法は検索するとたくさん出てきます。

G570 Lenovo ディスプレイ交換 – Google 検索

参考にしながら、作業を行います。

ヘラで天板を外す作業を失敗しました。1ヶ所の爪が欠けてしまいました。ヘラも金属製を使ったので少し隙間にキズが付きました。

よく調べるとLenovoに動画マニュアルがありまして、それには天板の基部から外すようです。

素人仕事なので仕方無いですね。テープで補修します。気になれば同型機種のジャンク品を探します。

公式動画マニュアル

サービス部品の取り外し、交換 動画 – PC/スマートデバイス – PY

G570が無かったので、Lenovo G580 (20150, 20157, 2189, 22189, 22689, 2689)を探します。

LEDベゼルの取り外し方法の動画です。

LCD ベゼルの取り外し

こうすれば、爪は欠けなかったとおもいます。 

無事修理は完了して、ディスプレイ画面も非常に明るくなりました。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。