お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

Revolutionary Rehab Program

「革命リハビリプログラム」

‘Tourniquet training’ may change way athletes recover from injuries – ESPN http://espn.go.com/nfl/story/_/id/11858977/tourniquet-training-change-way-athletes-recover-injuries#comments

加圧トレーニングの効果の検証は2014年アメリカ陸軍病院で行われました。
ここから始まって先日のミリタリータイムスへ報道につながりました。
当初、アメリカには加圧トレーニングの情報が無いのでタニケット(止血帯)で行っていますが、これは論文の題名が、blood flow restriction (BRF) training となっているためです。
PubMedで検索される場合は、”Kaatsu” もありますが  ”blood flow restriction (BRF) training ” でもヒットします。
関係者に伺ったところ、restrictionという表現は良くないと進言したのですが、分かりやすくということで、その文言を使用したそうです。
KAATSUを人の名前と勘違いしてたそうです(^_^) Mr,KAATSU?
現在は加圧トレーニングデバイスを使われていますので、安全に行われています。

最後の一文が良いこと言っています。
Gajewski said, “is that everyone’s focus is on the patients, our heroes, that we want to get back to action and our therapists are encouraged to innovate with that in mind.”
翻訳
Gajewskiは言った、「我々の英雄は、私たちが戻ってアクションに取得したいと私たちのセラピストはこのことを念頭に置いて技術革新を奨励されていることを、すべての人の焦点は患者であるということです。」

素晴らしいです!!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。