お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

手軽なアイシングの方法・ランナーの踵や膝の痛みのコントロールのために

痛みが出始めた時や予防の為にアイシングが必要ですが、実際どうしたらよいのかと言う質問を受けますので、お手軽な方法を解説します。

よくある間違った方法

自宅へ帰ってからアイシング。

小学生や中学生でも、大人と同じ時間をアイシング。

結局やらなくなる実情

氷嚢や氷の準備が毎回大変なので、やらなくなる方が殆どです。

アイシングの方法や目的

目的

それ以上に患部の炎症を増長させない。

アイシング後は血流が増加するので老廃物質の排泄を促す。

方法

スポーツの開始前か直後に実施する。

氷で患部を15分から20分冷やす。

お勧めする方法は

市販の冷湿布を使用します。

これは湿布の基剤に水分が多量に含まれています。厚みのあるタイプを使用して下さい。

シップなので1時間2時間貼ってても大丈夫です。

シップの水分で冷やすので極めて安全です。

注意は

薄いのは痛み止めの成分は入ってますが、水分が入ってません。

アイシングが目的なので、痛み止めの成分は入っていない方が良いです。

痛み止めの成分は血流を阻害するので要注意です。

実際の貼り方は

練習に行く道中に貼り、練習終了の直後から貼ります。

時間は湿布なので30分前後からで大丈夫です。

そうすると痛みのコントロールが上手く出来るはずです。

自宅からスタート出来る方は

バケツに水を張って、そこに脚を入れれば十分効果が出ます。

  

どうか次回の大会で良い成績が残せますように!

 
ランナーに多い なかなか治らない踵の痛み お勧めの対策 | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

踵骨下滑液包炎・アキレス腱滑液包炎の実際の治療と、患者さん自身にやってもらうこと | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。