お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

治療実績

県外から来院された「母指CM関節症」「ベーカー嚢胞」「外反母趾」の患者さんの治療実績です。

変形性頸椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症(股関節・膝関節)、手術をしたけど取れない痺れ、などの治療も行っています。

地元である、飛騨地方(高山市、飛騨市、下呂市、白川村)の患者さんは含みませんが、特異な疾患の場合は列挙します。

2017年以前

統計を取っていません。

2018年

母指CM関節症、40名程度
ベーカー嚢胞、5名程度
外反母趾、10名程度
詳細データが無く概略になります。

どこから来院?:北海道、新潟県、富山県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、高知県、兵庫県、福岡県、他
アメリカ渡航前に来院された患者さんもいました。

2019年(2019年2月11日現在)

ベーカー嚢胞:北海道
母指CM関節症:富山県、神奈川県、和歌山県
外反母趾:茨城県

症例

2019年1月
特発性難聴、入院加療したが改善しない難聴(58歳男性:飛騨地方)
退院後直ちに開始して年齢が若いほど改善します。最低10回の通院が必要になります。この患者さんは2回の治療で低音に反応するようになりました。

膝関節内側側副靱帯損傷2度(78歳男性:飛騨地方)
びっこを引く程の痛み、高濃度人工水素水浴と微弱電気治療で3回で略治、消炎鎮痛剤は使用していません。

軽度認知症における頭のフワフワ感(72歳:飛騨地方)
8回の治療で消失しました。
頭皮鍼の応用(鍼は使用せず)と頸椎椎間関節の副運動の回復が必要です。
椎骨動脈の流れの改善が必要と考えます。
安定的治癒に繫がることを期待します。

2019年2月
(64歳男性富山県)
10年来の根性坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア)
オピオイド系鎮痛剤トラムセットがあまり効果が出ません。リリカは試しましたか効果が無く中止しています。
村坂ゴムバンド足指リハビリを2018年秋から始め、2019年1月から開発した新しい腰治療で痛みとしびれが半減以下になりました。
手術は当面やらなくて済みそうです。