お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

母指CM関節症治療

現在、弟子はおりません。当地までご来院頂くしかこの治療を受けられないので、患者さんには不便をおかけしています。

自己判断で来院されて違う病気の場合がありますので、先ず整形外科などを受診されるのをお勧めします。

患部の状態は様々です。改善する人もいますし、変化なく手術になった人もいます。

全国はもとより海外からも問い合わせを頂きましてありがとうございます。

母指CM関節症でお悩みの人がたいへん多いと実感しております。

当院の治療で少しでも痛みが減り、できるなら痛みの無い生活に戻れるようにお役に立てば幸いです。

現状より改善されることをお考えなら来院をおすすめします。

たとえ手術を実施されるにせよ、事前の自己リハビリで、前前腕筋の異常緊張を緩和し母指CM関節面を修正することにより、術後の経過が良くなることが期待できますのでご検討ください。

来院され当初は経過良好でも、ご自宅での自己リハビリがご自身がやりやすい方法に変わってしまい、再び症状が悪化したり変化が無くなる人も見受けます。

それは母指CM関節症になる人の手の使い方にクセがあるので、どうしても自己リハビリが自己流になりやすいです。

関連痛を解消する治療と正しい自己リハビリを学んで頂きますと改善率が上がりますので、痛み度合いに応じての通院されると最良の結果が出ます。

2018年実績

  • 来院数:40名程度(飛騨地方を除く)
  • 治療成績:治療時に著明から良好の改善度、1例のみ不変
    改善度が低くてもその後の自己リハビリで改善度が上がります
  • どこから来院?:北海道、新潟県、富山県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、高知県、兵庫県、福岡県
    アメリカ渡航前に来院された患者さんもいました。

治療法を開発した経過

母指CM関節症に関する整形外科の標準治療は、飲み薬や注射の痛み止めの処置、装具の装着です。

その治療で痛みと変形が落ち着けば良しとし、痛みの変化が無ければ手術の選択しか有りません。

手術も術式がたくさんあり、どれが患者さんに取って正解かなのか先生により違います。

巷にあふれる治療法もいかがわしいのばかりでです。

痛い痛いと嘆く患者さんが多くを何とかならないかと治療の工夫を重ねました。

症例の積み重ねの日々です。

長年の臨床から開発した母指CM関節症の治療は、奏功する症例が多いと実感しております。

実際にお体を拝見しないと判別できませんが、ひどい変形を伴う場合は残念ながら手術の適応になります。

手は毎日使うので自己リハビリが必須

前前腕筋の異常緊張と母指CM関節症の関連に気づいて20年以上経ちます。平成8年頃。

「村坂ストレッチ法」を考えたのは15年前になります。平成13年頃。

以前は来院された患者さんのみに教えていましたが、母指CM関節症で悩んでいる全国の皆さんへの福音になればと思い無料公開することにしました。

「村坂ストレッチ法」はブログ記事を見て見よう見まねで行っても、症状が改善した例も多いと聞きます。

ブログ記事は見よう見まねで行っても安全な方法を掲載しています。

来院された場合は、正確でもっとも効果的な方法を教えさせて頂きます。

肝となる関節面を修正する方法と腱の強化は非公開にしています。実技が難しいので対面で指導しています。

10年20年かけて関節を壊してるので、日々の自己リハビリが大切なのです。

驚くべき自己リハビリの効果
来院されたときに、全く改善しなくても、関節面の修正する特製サポーターの装着、前前腕筋の異常緊張を取る村坂ストレッチ法を実践することにより、月単位年単位で改善します。

これが当院の治療の真骨頂でもあります。

どうしても見よう見まねでは正確にできませんので、対面でコツやポイントを習得して頂くと最良の結果が得られますので、来院を強くお勧めします。

症例

主だった症例を、ブログ記事に上げていますので是非ご覧下さい。

母指CM関節症 – 村坂克之 小又接骨院のブログ

母指CM関節症の治療の特徴

母指CM関節の関節面の修正

基本は母指CM関節の関節面の修正です。実際の治療で関節面を修正すると痛みが軽減するのを確認して頂きます。

特製サポーター

長年の指の使い方で発生した関節面の捻れの修正する特製サポーターの装着をします。

関連痛を解消する

痛みの原因の一部は関連痛にあります。仙腸関節からの全ての脊椎の関節面を関節運動学矯正法を使い修正します。

自宅リハビリを学ぶ

自己チクチク法を学んで頂きます。長田式無血刺絡療法=チクチク療法を自宅でできるように、専用器具を購入して頂き実際の方法を学習します。母指CM関節の炎症に対して通常の消炎鎮痛剤より効果的です。

頻繁な来院は不要

正確な自己リハビリや自己チクチク法を用い、ご自分で治す方法を教えさせて頂きます。よって頻繁な来院は不要です。基本1度の来院で良いです。

詳しくは下記の記事をお読み下さい。

実際の治療

治療内容

1回で最大限の治療効果を出すために、これだけの治療が必要になります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の可動性回復
  • 新しく開発した腸腰筋治療
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上
  • 独自サポーターの巻き方の習得
  • 自己チクチク法の習得
  • 正しいストレッチの習得

使用する治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 関節運動学矯正法
  • 村坂腸腰筋療法(仮)
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

チクチク療法だけ痛みを伴います。

治療費

健康保険は使えません。
片手でも両手でも同じ料金です。

  • 初回:15,000円~20,000円前後【治療+装具2個+チクチク療法専用器具】装具は追加購入可能
  • 二回目:6,000円前後

治療時間

初回:2時間30分前後(解説や実技実習時間を含みます)
日帰りで滞在時間が取れない患者さんは2時間以内にすることは可能です。事前相談お願いします。

来院をお考えの時に参考にして下さい。

関連痛の存在、改変引用:Dermatome (anatomy) – Wikipedia